頭皮をいたわる湯シャン

by nisshodrug

髪の健康は頭皮からと言われます。
頭皮の脂を必要以上にとってしまうシャンプーは、頭皮の常在菌のバランスが崩れ、皮膚のバリア機能の低下を招き、皮膚トラブルにつながります。

また、必要以上に潤いがなくなると、自衛反応として皮脂の分泌が活発化し、べたつきの原因にもなります。
特に硫酸系のシャンプーは洗浄力が強力なので、こうしたトラブルを招きやすいと言われるので、アミノ酸系の洗浄剤を使用したシャンプーを使うようにしています。

また、シャンプーの回数も毎日ではなく、2~3日に一度程度にして、あとはお湯だけですすぐ湯シャンにしています。
肌から分泌される汗や汚れは、基本的にお湯だけで大部分が落とせると言われます。
整髪料などをつけていなければ、最初に湯船につかり、しっかりと頭皮の毛穴を開かせてから、お湯で丁寧にすすげば、必要な潤いを残しながら汚れは落とせます。

頭皮の乾燥から来るかゆみ、湿疹や、シャンプーを毎日しているのに頭皮がべたつくなどといったトラブルを抱えている人は、シャンプーの回数を減らして湯シャンの日を増やしてみると、症状が改善するかもしれません。

シャンプーの減りも遅くなり、経済的にも嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です